MMC(メルマガ塾)

メルマガ塾MMC入塾。なぜ7th-Marcketingじゃなかった?選んだ理由

更新日:

私がメルマガ塾に入ろうと思った全ての経緯を暴露

2017年11月28日、Catch the Webの運営するメルマガ塾MMC(3期)に入塾しましたもや嫁です。

MMC(3期)のメルマガ塾は12月20日開講前に今の気持ちをメモっておこうと思います。

この記事は2017.12.14に書かれました。

 

なぜメルマガをはじめたのか?入塾の理由

メルマガを始めたのはいくつか理由があって、

・知り合いから「物販」のお誘いがあったこと
・「物販」やるならアフィリじゃなくてリスト取ってメルマガ販売を進められていたこと
・辞めた会社の恩返しのため商品をWeb流通させたいがどうすればいいか悩んでいた
・メルマガの設計ができればサイトアフィリにも活用できる気がした

こんな理由がありました。

で、そこにたまたまMMC開講のお知らせがあって、レバリエイト(成約率を上げるノウハウ)の対面セミナーが渋谷であったので参加。

メルマガの『戦略』の概要をついに知り、目からウロコが落ちたので入塾。

まあこんな流れでした。

7th-Marcketing Clubにはしなかったの?

7th-Marcketing Clubがどんな内容なのか、実は同時並行でチェックしてました。最終的に自分にはMMCのほうがあってるなって思ったのでそれでOKなんですが、どう違っているのかメモっておきますね。

MMCは「ともさん」が主催するメルマガ塾、7th-Marcketing Clubは「みのごり」さんが運営するメルマガ塾で、ちょうど同時期に募集をしていたんですね。

もや嫁は7th-Marcketing Clubに入ったことはないんですが、アフィ友が7th-Marcketing Clubに入ってるので存在は知ってました。

7th-Marcketing Clubに入ったわけではないので、全てを知っているわけではありませんが、、、

■7th-Marcketing Club
・メルマガそのものの企画を面白くする
・商材を売るまでのステップメールの内容を徹底的に練る
・短期企画をたくさん作るイメージ

■MMC
・サイト運営を主軸にメルマガをどう活用していくかの総合企画
・サイトアフィリエイト、教材販売、一般企業の販売のどれにでも応用できる
・メルマガコンサルもできるようになるくらいの設計力をつける
・大規模企画を作るイメージ

 

こんな違いを感じました。

メルマガは一つの手法。
これがMMCのコンセプトです。7th-Marcketing Clubの募集企画もずっと見ていましたが、MMCとの大きな違いはここかなと思います。

※逆に7th-Marcketing Clubはこのメルマガの手法を徹底的に磨く感じ

 

MMCとCatch the Webがみているのは、メルマガやアフィリをやった結果、自分の行動のあとにどれだけのハッピーが生み出せるかということを常に考えていました。

 

私はSEOサイトアフィリをメインにしているので、そちらの大きめのサイトの設計にレバリエイトと設計ノウハウが役に立ちそうだなって思ったのと、

全体を見て動線を考える力がつけば、サブ事業のデザイン関係でも活かせそうだなと思ったことがMMC入会の決め手になった理由ですね。

 

ま、実際はそんな小難しい理由はあとから考えてつけたもので、実際は対面セミナー当日に入塾を決めたのでほぼ「コレハイケル」という直感で申込んだんですけどね!

 

メルマガは一つの手法。
これがMMCのコンセプトです。7th-Marcketing Clubの募集企画もずっと見ていましたが、MMCとの大きな違いはここかなと思います。

 

メルマガができるようになったらどうしたいか

1.事業主さん(個人経営)のトータルコンサル
→ロゴデザインをやってますが、その先の販売サポート、販売戦略を練るのを手伝得るスキルを付ける

2.企業の商品販売サポートをして会社に利益を生み出したい
→Webの活用が苦手な企業の販売サポートをして、より多くの人をハッピーにしたい

3.迷えるアフィリエイターにより正しい情報を届けて才能ある人を発掘
→アフィリの可能性と具体的な手法のヒントを見せて、気付けば開花する人を発掘したい

4.メルマガで自動化することでより多くの人を助けたい
→1対1では限界があったことも、ステップメールやパッケージ商材にすることでより多くの人に人生を変えるチャンスを届けられるかもしれない

5.いっぱい稼いで旦那の実家(田舎)に電源カフェとかキッズスペース作って過疎化をとめる
→田舎のジジババ問題を解決するため、若い世帯も働きやすいまちを作る(というか自分もキッズスペースがほしい)

こんなかんじです。
どりーみー!

私自身は仕事が好きなんですが、一人で回せることには限界があるので、アドバイスやサポートできる人って限られちゃうし、その結果稼げる金額も限界が来ます。

もちろんメルマガで配信すれば稼げるって話もあります。

メルマガや独自教材(自分の人件費のみの商品)の販売をすることで利益も効率よく確保でき、さらに買った人もハッピーになるというまさにWin-Winじゃないですか。

死ぬときに恨まれて死にたくないので、私はハッピーなコンテンツとメルマガを作っていきたいと思います。

以上、私がメルマガ塾に入ったきっかけ、目標でした。

 

メルマガ塾の価格

メルマガ塾の価格については、MMC(3期)も7th-Marcketing Clubも同じくらいでした。

内容はほぼ同じ、期間は6ヶ月。

プランは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
  • この記事を書いた人
もやこ

もやこ

こんにちは、もやこ(もや嫁)です。 サイトアフィリ、メルマガを中心に情報配信しています。 具体的な稼ぐ方法だけじゃなく、自分のアタマで考えて戦略を作っていけるような自立型アフィリエイターを増やしたいと思って、マーケティングや戦略についても話しています。 ※見た目はアイコンそのままのオカッパです。

-MMC(メルマガ塾)

Copyright© 今日もまた、メルマガですかあ? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.